QLOOKアクセス解析
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校サッカー、決勝。延長の末、市立船橋が制した。

高校サッカー決勝。延長の末、市立船橋が制した。

サッカーの第90回全国高校選手権は9日、国立競技場で決勝が行われ、
市船橋(千葉)が延長戦の末、2-1で四日市中央工(三重)に逆転勝ち。
9大会ぶり5度目の優勝を飾った。

まさに激闘という言葉がふさわしい一戦でした。
市船橋は前半1分に先制を許したが、
後半ロスタイムにFW和泉選手のゴールで追いつき、
延長後半5分に再び和泉が決めて逆転。

先制点をあげた四日市中央工は、
最後まで攻撃を緩めることはなかったが
91年度以来の優勝にはあと少し手が届かなかった。

まるでドラマを見ているかのような試合展開。
久々に感動です。

伝統校で戦うプレッシャーはハンパじゃないと思います。
最後まで戦い抜いた両校の選手には、盛大な拍手を送りたいです。

累積警告のために決勝に出れなかった主将の国吉選手、
さぞや無念だったと思いますが、
今回の経験を糧にして、今後もがんばって欲しいですね。

【市立船橋-四日市中央工】ハイライト

これまでの全試合のハイライトはこちら↓から見れます。
http://www.ntv.co.jp/soc/report/index.html

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

tag : 高校サッカー ハイライト 決勝

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。