QLOOKアクセス解析
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その写真アップロードして大丈夫?スマートフォンで自分の位置を大公開

最近はどんなカメラが売れているのかな?と思い、
カメラのキタムラに寄ってみた。
所狭しと並べられたデジタルカメラ、売れ筋コーナーには
GPS内臓の最新機種が並んでいる。
これはテレビで見た奴だなと思い出したのだが、

このGPS内臓カメラで撮ると、写真に位置情報が記録される。
その情報を後からネット上の地図情報(Google Earthなど)と合成させると
どの場所から撮影したのかとか、どの方向かまでわかる優れもの。

写真が好きな人なら同じ場所からの四季を撮影してみたり、
撮影位置に拘る人にも役立ちそうな機能だ。

なかなか、普通の人にはメリットを感じないかもしれないが、
撮った写真を知り合いに送って「いまここにいるよ!」って伝えたり、
後で旅行先の地図情報と写真を見ながら振り返ったりできる。

こんな些細なことで喜んでいられる日本もまだまだ平和。

この間、ネットを見ていると、
東京都消費生活総合センターから2011年12月2日にあるGPS連動機能の使い方に関して
注意喚起を行っているのを見つけた。
↓ここ
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/shohi_advice.html

そこには、主婦からの相談事例に基づいて、
GPS連動機能を持ったスマートフォンデジタルカメラ等の機器から利用者が意図しないうちに
位置情報を公開してしまうリスクの説明、もっている人は機能の有無確認、
GPS連動機能を使わない場合はオフするようアドバイスしている。

その主婦の事例というのが
何気なくスマートフォンで撮影した写真をブログにアップしたところ、
知人から写真をクリックすると住所がわかると指摘され、
携帯会社に問い合わせると、設定で非表示にできると初めて知ったそうな。

正直その記事を読んで怖くなった。

スマートフォンのような情報機器は本当に使いやすくはなったが、
使いこなせていない人がほとんどではないだろうか。

メーカー側もあえて分厚いマニュアルを廃止していたり、
ますます、初期設定がどうかなんて気にしないのが普通。

我が家はスマートフォンもなく、デジタルカメラにもGPS連動機能はないのでとりあえず安心。

もし、GPS連動機能があるスマートフォンデジタルカメラ等の情報機器を持っている方は
いま一度、設定の確認と不要ならば設定をオフすることをオススメしたい。

もし、今後もGPS連動機能を使う方は、撮影したものをむやみにアップロードしないこと。
万が一、自宅で撮影した写真をアップロードしてしまうと、
貴方のプライバシーがたちまち世界中に公開されてしまうということをお忘れなく。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : GPS スマートフォン デジタルカメラ

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。