QLOOKアクセス解析
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『年末ジャンボ宝くじ』に夢を見る!

2011年の『年末ジャンボ宝くじ』(第614回全国自治宝くじ)が、
11月24日 木曜日から全国で一斉に発売された。

今回は、1等の当選確率が2倍になったということで、
早速買いに行かれた方も多いのでは。
我が家でも、長~い住宅ローンの呪縛から逃れるべく、
いつものように買いに行くことにした。

宝くじといえば・・・
以前飲み会の帰り際、
宝くじ売り場のそばを通っていると、
なぜだか無性に宝くじが買いたくなった。

売っていたのは1等1000万円の東京都宝くじ
財布を見るとちょうど500円玉1枚のみ。
これも何かの縁と思い、宝くじ5枚を購入。

しばらくたって宝くじのことを思い出し、
抽選結果を確認すると、なんと1等1000万の組み違い!
ついでに末尾番号もゲット。
締めて1万100円の大儲けだった。

これぞ無欲の勝利!

その時に悟ったのは、数買っても意味ないんだなあということ。

それ以来、
買うなら連番で10枚。
ちょっとしたこだわりとなった。

宝くじなんて、所詮は運。
運が有るやつは、1枚でも当たるが、
運が無いやつは、何やっても当たらない。
それが宝くじというもの。

いっそ帰らぬ金ならば、
「このお金、慈善事業に使ってね!」
この割り切りがちょうどいい。
この心意気がいい気分。


・・・・・


と言ってはみたものの、
やっぱり当てたい!3億円。

当たる売り場を探してみると、
そこは御徒町駅前センター。(穴場らしい)

P1000842_R.jpg

噂どおり?なのか、そんなに待たずによさそうだ。
他の人を見ていると、やっぱり多い10枚買い。

やっぱりみんな不景気なんだねえ・・・
と感傷に浸っていると、ついに来た。

「連番、10枚下さい。」
これぞ、王道!

宝くじを買った後、パワーポットで当選祈願。
そこは新大久保、「皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)」。

ここは「皆中(みなあたる)稲荷」と呼ばれ、
”ねらったとおりにあたる”ということから、
宝くじには祈願として定評があるらしい。

これが最後の神頼み。(合掌・・・)

帰り際に、売店で宝くじ用のお守りを購入。
宝くじは、お守りと防虫剤と一緒にタンスの奥の奥に保管。

さて、結果やいかに。

tag : 宝くじ 御徒町 パワースポット

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。