QLOOKアクセス解析
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「新少林寺」を見ました。

1982年に公開されたカンフー映画の歴史的金字塔『少林寺』を、
29年ぶりに現代によみがえらせたカンフー・アクション大作。

命懸けで戦う男たち、
近代武器と伝統武術による戦いを
ダイナミックに描写する。
アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、
ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン
アジアを代表する大スターの共演。

冒頭から観客に息をもつかせぬアクション、
感動のクライマックスを迎える。

『少林寺』といえば、
カンフー・アクション大作。
中国武術のすばらしさを伝えるために、
出演者には本物の武術家を起用した。
もちろん、リー・リンチェイ、
後のジェット・リーもその一人だった。

ところが、
本作品では中国武術をすばらしさを伝えつつ、
映画の質にもこだわり、
メッセージ性のある完成度の高い作品
に仕上がっている。

主演のアンディ・ラウは、
ジャッキー・チェンやジェット・リーのようなアクションスターではない。
むしろ、香港を代表する演技派である。

家族を失った主人公の苦悩、
禅の精神を織り込みながら、
悪人から善人へ移り変わっていく様、
彼の演技力なくして成し得なかった

最近は、韓国映画に押され気味の香港映画ですが、心から
『感動した!』
と表彰したくなる一作。

ところで、
本作に出演したアンディ・ラウの娘役。
嶋田瑠那(しまだるな)ちゃんという子役がとってもカワイイ

彼女は中国と日本のハーフで、日本語は目下勉強中だとか。

もし、日本でデビューしていたら、
あの芦田愛菜ちゃんを超えていた・・・かも。

いいことづくめの本作品。
あえて、駄目出しするとしたら1つ。

配給会社なのか?
紛らわしいプロモーション

本作が映画出演99作目となるジャッキー・チェン
予告ではジャッキーの出演を猛アピール。
まるで、アンディ・ラウと横並びの主役のように紹介。
(と、わたしには見えた)

実際の映画にジャッキーは半分以上も出てこない。
なぜかというと、
友情出演だから。なのだ。

集客のための作戦だと思うが、
誤解を招くような宣伝は止めて欲しい。

最後に、駄目だしになってしまったが、
先入観なく見れば、

お世辞じゃなく、本気のです。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : 香港 カンフー ジャッキー・チェン

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。