QLOOKアクセス解析
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなジャッキー映画について

モバイル版ハリウッドチャンネルにおいて
「あなたの好きなジャッキー映画を教えてください!」
というアンケートを行ったそうだ。

ちなみに、アンケート結果は次のとおりだ。
1位「ドランク・モンキー/酔拳」(79)
2位「プロジェクトA」(84)
3位「ラッシュアワー」(99)
4位「ポリス・ストーリー/香港国際警察」(85)
5位「スネーキーモンキー/蛇拳」(79)
6位「少林寺木人拳」(81)
7位「WHO AM I ?」(99)
8位「シャンンハイ・ヌーン」(00)
9位「タキシード」(03)
10位「ヤング・マスター/師弟出馬」(81)


ジャッキーフリークのわたしは、そんな大事なイベントに気づかず、
アンケートに参加できなかった。無念。

悔しいので、このブログで
「わたしの好きなジャッキー映画TOP3!」を
語ってみたいと思う。

わたしの好きなジャッキー映画は以下の通りです。

「わたしの好きなジャッキー映画TOP3!」
1位「ヤング・マスター/師弟出馬」(81)
2位「ドランク・モンキー/酔拳」(79)
3位「プロジェクトA」(84)
特別「スパルタンX」(84)


1位「ヤング・マスター/師弟出馬」
ゴールデン・ハーベースト社移籍後に、ジャッキーが初主演・初監督した作品。
中学の時、あまりの面白さに映画館へ10回も見に行ったのを今でも憶えている。

本作は、素手に加え、獅子舞、扇子、椅子技、ロングスカートなどさまざまな
アイテムによる趣向を凝らしたアクションが見物。
ユン・ピョウとの競演もこの作品から。

エンディングのジャッキーデビュー曲「さすらいのカンフー」はかっこいい・・・。

酔拳、蛇拳等の拳シリーズをジャッキー映画の原点として挙げる方が多いが
わたしが思うジャッキー映画の原点は、これ以外考えられない。


2位「ドランク・モンキー/酔拳」
わたしの中学・高校は酔拳を代表とする拳シリーズで育ったようなもの。
格闘シーンだけでなく、特訓シーンを真似てトレーニングしたのは忘れない。
カンフーごっこが遊びのジャンルにしたのは、間違いなくこの作品だ。
みんながシネマスターになれた古き良き時代だ。

3位「プロジェクトA」
ジャッキーアクションの真骨頂。時計台落下シーンのドキドキは忘れられない。
頭から地面に落ちたNGシーンには、エンディングにも関わらず度肝を抜かれた。
生きていることが信じられなかったくらい。
誰もが「ジャッキーを超えるアクションスターは現れない」と思ったはず。

特別「スパルタンX」
実は2位に挙げたいぐらい好きな作品。勝手ながら特別枠を用意。

スペイン・お城というロケーションも新鮮で気に入った。
マーシャル・アーツのベニー・ユキーデ。悪役なのにかっこよかった。
ファミコン「スパルタンX」にハマッタ人もきっと多いはず。

最後に
もう少しで還暦を迎えるはずのジャッキー・チェン
本当にけがをしないように祈っている。
現在、上映中の最新作「1911」、「新少林寺/SHAOLIN」。
円熟味を増したジャッキーの演技を見に行きたいと思う。

アジアが誇るスーパースター、ジャッキー・チェン
ありがとう。

tag : ジャッキー・チェン カンフー 映画

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。